外壁塗装

塗装の役割は、単純に美観を整えるだけではありません。
塗装本来の目的は、雨や紫外線から建物を守るために施されるもの。
そのため、塗装の機能が切れてしまうと途端に外壁の劣化は進行してしまいます。
劣化のサインを見逃さずに定期的な塗り替えを行うことが、住まいの寿命を延ばすためのポイント。
施工費を抑えるためにも、外壁の状態をしっかりと把握しておきましょう。

こんな症状があれば要注意!~塗り替えのサイン~

□ チョーキング(触ると白い粉が付く)
紫外線によって塗料が分解され、粉状となっている状態。この現象が見られたら塗り替えのベストタイミングです。


□ 全体的に色褪せている・黒ずんでいる
色あせは塗料の光沢感がなくなった時に、黒ずみはカビが発生している時に起こります。


□ 窓枠から流れ出たような錆び汚れがある
錆び汚れは、サッシなどの金属部品が錆びて劣化しているサイン。ケレンをして錆び止め塗料を施す必要があります。


□ 緑色の汚れがある(コケ・藻の発生)
外壁の含水率が上がってしまっている状態。防水・抗菌効果が切れています。


□ 外壁にひび割れがある
髪の毛レベルの小さなひびも要注意。雨や湿気はどんなに小さな裂け目でも入り込み、下地や躯体を腐らせます。


□ 目地やサッシのコーキングが痩せている・ちぎれている
建物の気密性が損なわれている状態。コーキングの打ち替えを行う必要があります。

一覧ページに戻る